<<~前のページ >>
2012年10月31日(水)
古い町のマンホール

ずっと、続きです。

奈良の旅で訪れた大宇陀町と今井町の
マンホールです。

大宇陀町のマンホールは、
町の花「かざぐるま」です。
「かざぐるま」は、クレマチス(和名で鉄線)
です。
くるくると回るように配置された花が、
まるで子供の頃に風に向かって
走ったカザグルマの様に
思えました。

一方、今井町のマンホールは、
町の佇まいを写し取った景色と、
寺内町を髣髴とさせるデザインと
なっています。

訪れる土地で、写し撮るマンホール
ですが、本当にその土地の特色を
直径60センチの世界に凝縮して
いる事に、いつも感激します。

『マンホールの蓋から、その町の
名前を当てるクイズがあったら??』っと、
一瞬思いましたが、誰でも簡単に
判るほど特徴が捉えられているので、
『・・・クイズにはならない』ことに、
気付きました(笑)。

2012年10月26日(金)
奈良の旅 2

先日の続きです。

橿原市に立ち寄りました。
ここは、最近テレビコマーシャルにも
使われている古い町並みが残っています。
ただ、残っているだけではなく、
町全体で保全して大切にしているのが、
歩いていて伝わってきます。

電柱を地中に埋設した景色。
その町の各地区には、それぞれの
防火設備を備え、周りの景色に
溶け込む佇まいの集会場が
完備しています。
その集会場の落ち着いた庭の
ベンチで寛ぐ町の人々。
ゆったりした時間の流れを
感じました。

今井町全体を隈なく歩いてみると、
半日以上、掛かりそうです。

屋根の上には、錘馗様(しょうき様)を
見つけることが出来て、何だか
ご褒美をもらった様な、得した気分に
なります。

大黒様もいらっしゃいました。

因みに錘馗様とは、主に道教系の
神様といわれ、魔よけや学業成就の
効があるといわれている有難い神様です。



2012年10月24日(水)
奈良の旅

先日、奈良方面に出かけてきました。
長谷寺と、室生寺そして今井町に
出かけてきました。

長谷寺の長い長い階段を一歩づつ
上っている間に清々しい気持ちになって
いきます。

室生寺の五重塔には、かれこれ20数余年
振りで訪れました。
記憶の中の五重塔と少し違って見えて。
数年前の台風での破損で、修理して
本来の姿を取り戻したのでしょうか?!
如意輪観音菩薩様、中尊 釈迦如来立像様
沢山の仏様と出会いました。

素敵な時間です。











株式会社 丹田工務店は、神戸市、明石市を中心に住宅の設計・施工を手掛けている、一級建築士事務所です。 
工務店として、また一級建築士事務所として、住まいに関する様々なご提案をさせていただきます。 
住宅のことなら、丹田工務店にご相談ください。

2012年 7月

2012年 5月

Tanda archtectural design and construction Co., Ltd.

2011年12月

2012年 1月

2012年 2月

2012年 3月

2012年 4月

←TOP PAGE

2011年 4月

 バックナンバー  

♪♪♪ 本日の一枚 ♪♪♪

2011年 9月

2011年10月

2011年11月

※写真はクリックで拡大します。

2011年 8月

2011年 5月

2011年 6月

2011年 7月